小論文課題等

平成29年度 小論文課題

工学部一般推薦(指定校制)50分600文字以内

土木工学科 あなたは、どのようなきっかけから日本大学工学部土木工学科へ進学したいと思うようになりましたか。また、大学で学んだことを生かして、将来どのような形で社会に貢献できると考えていますか。2つの質問について、あなたの考えを具体的に述べなさい。
建築学科 あなたがこれまで自分の手で作ったものの中で、一番自慢できるものは何でしょうか。素材、形、機能、工夫した点などを具体的に説明し、自慢できる理由を述べなさい。
機械工学科 あなたが機械工学科で最も学びたいことは何ですか。また、学んだことを使って、将来どのように社会に貢献したいと思いますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
電気電子工学科 近年、携帯電話やスマートフォン、パソコンなどの情報端末の普及は目覚ましいものがあります。一方、日本は人口の大都市集中や地方の過疎化、異常気象や自然災害などによる様々な問題を抱えています。日本の抱える問題を一つ取り上げ、それに対処するため、電気電子工学または情報通信工学の観点から、どのような新しい技術やシステムが提案できるか、あなたの考えを具体的に述べなさい。
生命応用化学科 生命応用化学科では、化学の広い分野について学ぶことができます。あなたが学びたい化学の専門分野は何ですか。また、学んだことをどのように生かして、社会の発展に役立てていきたいですか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
情報工学科 あなたは大学で情報工学を学びたいと志望していますが、大学ではどのような専門分野を学びたいと考えていますか。また、将来、どのような分野に挑戦して社会に貢献したいですか。あなたの考えを具体的に述べなさい。

工学部一般推薦(公募制) 50分600文字以内

土木工学科 土木工学科のある大学の中から、日本大学工学部土木工学科を選んだ理由と、将来どのような仕事に就きたいかについて、あなたの考えを具体的に述べなさい。
建築学科 大都市圏だけでなく、地方都市においても空き家の数が増加しています。空き家の数が増加する理由と、それによって生じる問題について、あなたの考えを記述してください。
機械工学科 ドローン(小型の無人飛行機)や自動運転などの新しい技術が開発されています。現在、あなたが興味を持っている技術を挙げ、その技術が20年後にどのように変化しているかについて、あなたの考えを具体的に述べなさい。
電気電子工学科 2020年の東京オリンピックの開催・運営に向け、保安・防犯システムの充実が求められていくでしょう。電気電子工学および情報通信工学ではどのようなセキュリティーシステムを提案できるでしょうか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
生命応用化学科 私たちの生活は化学の力によって非常に豊かなものになってきました。これから先、さらに生活をより良いものにするために、どのような化学技術が必要であると思いますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
情報工学科 人工知能とは、人間の知能(学習・推論・判断など)の働きをコンピュータを使って人工的に実現したものです。近年、コンピュータの高速化が進み、人工知能の分野でも様々な発展が見られます。今後、人工知能はどのように進化していくのかについて、あなたの考えを具体的に述べなさい。

 

平成29年度 事前リポートテーマ

工学部(AO入試)事前リポートテーマ(出願時に提出)

土木工学科 土木工学に関するあなたの将来の夢は何ですか。その夢を実現するために、土木工学のどのような分野を学ばなければならないと思いますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
建築学科 現在、日本の多くの「まち」では商業施設や病院などの公共施設が郊外に立地し、車がなければ生活しにくい状態になっています。このような「まち」では、中心市街地から人が少なくなり、人々の交流やにぎわいが失われ、「まち」の魅力そのものが失われようとしています。人口減少、超高齢社会において、高齢者を含めた多くの人たちが安心して暮らせる「まち」の姿とはどのようなものでしょうか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
機械工学科 福島県は東日本大震災及び原子力発電所事故からの産業復興に向けて、再生可能エネルギー、医療、ロボット等の新たな時代を牽引する産業の集積を進めています。このような状況下において、機械工学が果たすべき役割は何だと思いますか。あなたの考えを具体的に述べさない。
電気電子工学科 地球温暖化は二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に起因すると考えられており、大きな問題となっています。将来、あなたが電気電子工学のエンジニアとして働くとき、地球温暖化問題の解決に向け、どのような技術を開発したいと考えますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
生命応用化学科 人間が健康に生きていくために化学は大きな役割を担っています。例えば、健康の維持に欠かせない様々な薬は化学を利用して開発されています。また、生命の不思議を解明する生命化学や、生体適合性材料の開発は新しい医療につながっています。さらに、我々が生活する環境を維持する環境浄化技術や環境計測技術も、化学のひとつの分野です。このような「健康な生活を維持する」という観点から化学を考えたときに、あなたはどのような新しい化学技術を提案しますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。
情報工学科 あなたが情報工学を学びたいと思うきっかけとなったコンピュータの関連技術は何ですか。興味を持った理由とともにその技術について説明しなさい。また、その技術の現状における問題点や将来の可能性について、あなたの考えを具体的に述べなさい。

 

平成29年度 模擬授業テーマ

工学部(AO入試)模擬授業テーマ

志望学科ごとのテーマに基づき、模擬授業(60分)、授業に関する課題解答(60分)を実施します。

土木工学科 津波の特性と津波防災
建築学科 人と建物を火災から守る
機械工学科 光と色の不思議な現象
電気電子工学科 電波とラジオ
生命応用化学科 DNAを用いたナノテクノロジー
情報工学科 ニューラルネットワークモデル入門

日本大学工学部入試係

お気軽にお問合わせください。
TEL.024-956-8619
(平日:9:00~17:00 土曜:9:00~13:00)
FAX.024-956-8888
電子メール nyushi@ao.ce.nihon-u.ac.jp

PAGETOP
Copyright © College of Engineering, Nihon University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.