学生・教員・卒業生・地域住民との絆も深まった徳定川清掃

 毎年、春と秋の年2回行われている徳定川清掃は、土木工学科の水環境について学ぶ研究室の学生と教員が中心となり、“清流で潤いある河川が流れるキャンパスを目指す”ことを目的に平成12年から始まりました。また一昨年の秋からは、キャンパス周辺の4町内会で結成された徳定川(古川池)愛護会を中心とする地域住民の方々も参加するようになり、地域の行事としても定着しつつあります。

2016徳定川清掃春image002

 17年目を迎える今年の春は5月21日(土)に行われ、卒業生30名も駆けつけ、総勢180名を超える一大イベントとなりました。
 今回の幹事は、朝岡良浩先生(写真左)の水文・水資源工学研究室。まず開催にあたり、こ2016徳定川清掃春image004の活動の発起人でもある日本大学名誉教授の中村玄正先生(写真中央)から「健全な自然環境が続くように、みんなで協力していきましょう!」と励ましの言葉をいただきました。そして、日本大学工学部名誉教授の高橋迪夫先生(写真左)が「清掃には絶好の気候です。楽しみながら清掃活動に励みましょう!」と高らかに開催宣言を行いました。

 

2016徳定川清掃春image0102016徳定川清掃春image0082016徳定川清掃春image006

 胴長を着用した学生らは、研究室ごとに割りふられた清掃エリアに向かい、いざ活動を開始!!

★キャンパス内は大先輩や今春卒業したばかりの先輩など卒業生の皆さんが担当

2016徳定川清掃春image014

傘や流木は水を堰き止め澱みの原因に!

日大東北高校キャンパスまでしっかり清掃。

日大東北高校キャンパスまでしっかり清掃。

 

★古川池は中野先生の環境生態工学研究室と町内会の皆さん

住民の方からも頼りにされる学生の若い力!

住民の方からも頼りにされる学生の若い力!

こんなにいっぱいゴミを回収しました!

こんなにいっぱいゴミを回収しました!

 

★キャンパス北側の住宅地と田園地帯は仙頭先生の地盤防災工学研究室と金山先生の沿岸環境研究室の皆さん

胴長を着るのは初めての学生ばかり!

胴長を着るのは初めての学生ばかり!

しかも水の中を歩くのは意外と大変!!

しかも水の中を歩くのは意外と大変!!

 

地面に落ちているゴミも見つけよう! 

地面に落ちているゴミも見つけよう!

しかしこの辺はゴミも少ないようだ。

しかしこの辺はゴミも少ないようだ。

 

★徳定川上流域は手塚先生の水環境システム研究室と佐藤先生の水循環研究室の皆さん

流れと逆行するから、なかなか前に進まない! 

流れと逆行するから、なかなか前に進まない!

上流は農業用のゴミが多いようだ! 

上流は農業用のゴミが多いようだ!

 

中村先生も胴長を着て、大OBとともに大活躍!

中村先生も胴長を着て、大OBとともに大活躍!

回収したゴミをトラックに積んで清掃終了!

回収したゴミをトラックに積んで清掃終了!

 

★その頃、町内会のご婦人方は・・・

2016徳定川清掃春image042

180人分の豚汁づくりに大奮闘!

2016徳定川清掃春image044

豚汁完成!!

美味しい豚汁を食べてみんな笑顔!

美味しい豚汁を食べてみんな笑顔!

住民の皆さんとの交流も深まりました! 

住民の皆さんとの交流も深まりました!

 

 清掃が終わるのを待っていたかのように、突然降り出したどしゃぶりの雨。残念ながら閉会宣言は建物の中で行われました。町内会を代表して、市議会議員の山口信雄氏(写真左)は「これからも地域をきれいにするために日大工学部さんと協力していきたい」と決意を述べられました。次回秋の幹事である金山進先生(写真右)は「ご参加いただいた町内会の皆さん、卒業生、学生に敬意を表します。秋もどうぞよろしくお願いします」とご挨拶。拍手で互いを労いながら、徳定川清掃は終了となりました。

2016徳定川清掃春image0532016徳定川清掃春image051

 

 

 

 

 

 胴長隊デビューの学生たちは、「実際に川に入ってみないとわからない水の流れや澱みの状況がわかった。もっときれいにしたいという気持ちが強くなった」と話していました。また、「学生と地域の方が関わる2016徳定川清掃春image055良い機会になってよかった」という卒業生の声や、「続けていけばきれいになる」という住民の方の声も聞かれ、徳定川清掃を通してそれぞれ貴重な経験ができたようでした。中村先生は「年2回実施することで、ゴミは減ってきている。しかし、泳げるくらいきれいな川に戻して、子どもたちが自然の中で学べるようにすることが大事」とその思いを語っていました。
 これからも地域活動の一環として環境美化に貢献できるよう、徳定川清掃を続けてまいります。多くの皆さまのご参加を期待しています。